高値で売ろう|家の劣化を防ぐためにも留守宅の管理をきちんと行ないましょう

家の劣化を防ぐためにも留守宅の管理をきちんと行ないましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

高値で売ろう

マンション

タイミングが大事

現在の不動産状況下では、マンションを売る人が非常に増えている。単純に高く売れる時だからだ。それもいつまで続くかわからないが、間違いなくマンションは売り時だろう。築30年程経っている物件に関しては、今のうちに売っておかないともう売れなくなってしまうのではないか。中には、もう高いのはわかっているがまだ上がると期待している人もいるのではないだろうか。もちろんその可能性も否定できないが、あまり待ち続けても売り時を逃してしまう。マンションを売るのはタイミングが最も重要である。買い手が欲しい時でないと売りたくても売れない。マンションを売ることは、自分の財産を手放すことなので慎重にやるべきなのだが、勇気も必要である。

知っておくと得なこと

マンションを売るに当たって、気を付けなければいけないことはいくつかあるが、やはり心配なのは売却時にかかる税金ではないだろうか。そのなかでも大きいのは譲渡所得税だが、それは絶対にかかるというわけではない。簡単にいえば、買った値段より売った値段の方が高かった場合にその利益分に税金がかかってくる。つまり損をした時は税金はかからない。利益が出た場合、どのくらい税金にとられてしまうのかというと、それは所有年数による。5年が区切りとなり、それ以上だと利益に対して20パーセント、それ以下だと40パーセントもかかってしまう。例えば、2010年10月1日から所有したら2016年1月1日から20パーセントになる。利益がかなり変わってくるのでここもしっかり計算してから売却をしよう。

Copyright © 2017 家の劣化を防ぐためにも留守宅の管理をきちんと行ないましょう All Rights Reserved.