査定額を左右するポイント|家の劣化を防ぐためにも留守宅の管理をきちんと行ないましょう

家の劣化を防ぐためにも留守宅の管理をきちんと行ないましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

査定額を左右するポイント

マンション

築年数や駅からの距離

中古マンションを売却する時には、最初に査定をするのが一般的です。査定でだいたいの市場価値が分かります。査定をするときに知っておくといいのが、中古マンションの査定額を左右するポイントです。築年数は査定額に大きな影響を与えます。一般的にマンションの寿命は30年と言われています。しかし、実際には15年を過ぎると老朽化が激しくなり査定額も下がります。また、古いと耐震基準を満たしていない場合もあるので、その辺も査定額に影響します。最寄り駅からの距離や周辺環境なども重要です。特に大都市になるほど駅からの距離というのは大事なポイントになります。杉並区なら最寄りの駅から徒歩5分以内の中古マンションは高い査定額がつきます。

リフォーム

老朽化した中古マンションを新しくするのがリフォームです。杉並区のボロボロの中古マンションでも、リフォームをすれば新築のようになります。しかし、売却をする上でリフォームが必要かどうかというのは別問題です。確かに杉並区内でもリフォーム済みの物件は高く査定されやすいです。しかし、リフォームしたから高く売れるという保証はなく、工事代金がムダになることがあります。最近はリフォームありきで中古マンションを購入するのが一般的です。リフォームに拘らなくても、杉並区なら売れる物件は売れます。それでも売れないようなら、最低限の費用で修正をするのがお勧めです。例えば壁紙やフローリングなどの張り替えをするだけでも印象が変わり、売却できる可能性が高くなります。

Copyright © 2017 家の劣化を防ぐためにも留守宅の管理をきちんと行ないましょう All Rights Reserved.