家の劣化を防ぐためにも留守宅の管理をきちんと行ないましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

選択肢は複数ある

レディ

何もしないのは危険

海外転勤など長期間家を留守にする場合は、留守宅の管理をきちんと考えておかねばなりません。賃貸であれば引き払えばよいのですが、問題なのは持ち家の場合です。一軒家でも、集合住宅でも、何もしないのは様々な意味で危険です。防犯上もよくありませんし、家の劣化という意味でもよくありません。家は人が住まないとあっという間に劣化していきます。湿気や虫などにより、家具や家電、家自体もどんどん劣化してしまいます。留守宅を管理する方法は、専門の留守宅管理業者に依頼する方法や、リロケーションといって留守の間だけ賃貸に出すという方法など複数の方法があります。親族や知り合いに住んでもらうのも一つの手です。何もしない状態ではなく、定期的に換気や見回りをしてもらえる状態にしておくべきです。

業者に依頼するのがよい

留守宅の管理には様々な方法がありますが、知り合いに頼むよりは業者に頼む方が確実性は高いです。知り合いに住んでもらったり、定期的に確認に来てもらったりするのも悪くはありませんが、万が一何らかのトラブルがあったときが大変です。関係にひびが入ることもあるため、専門のノウハウを持つ業者に依頼する方が確実でしょう。留守宅管理サービスは、費用はかかりますが、自宅のイメージをそのままにしておいてくれるので、帰ったときの手間がかかりません。リロケーションは収入を得ることができるので経済的観点からはメリットがありますが、家具を引き上げたり賃貸人に退去を命じる必要があったりと手間がかかります。手間と収入のどちらを重視するか考えて選ぶべきでしょう。

査定額を左右するポイント

マンション

自分の所有している中古マンションの価値を知ることができるのが査定です。査定額に影響を与える要素には、築年数、立地、周辺環境など沢山あります。杉並区で中古マンションを売却する場合も、そうした要素をチェックして判断する事が大切です。

もっと見る

都会のマンションは中古で

集合住宅

東京でマンションを購入するなら、中古でもお洒落なところが多いので予算が厳しい方におすすめです。ただし、東京の全てから住みたいところを探すと苦労するため、まずは地域を決定してから、そのエリアに詳しい不動産会社に中古マンションを紹介してもらいましょう。

もっと見る

高値で売ろう

マンション

マンションを所有している方もいつかは売るべき時がくることになる。その時に税金はどのくらいかかるのか、手数料、収入印紙、ローンの残高など気にかけなければいけない部分はたくさんある。不動産屋や家族によく相談してから一歩を踏み出そう。

もっと見る

Copyright © 2017 家の劣化を防ぐためにも留守宅の管理をきちんと行ないましょう All Rights Reserved.